心理学に関連する資格を習得してキャリアアップを狙う

微笑んでいる女性

国家資格を取得する

勉強

交通事故で怪我をした時や、身体の痛みを解消するために接骨院で治療をした経験のある人は数多く存在することでしょう。その接骨院で治療している先生は、柔道整復師という資格を持っています。柔道整復師とは、骨や関節、筋、靭帯などの損傷を治療する専門家です。整復法、固定法、後療法の3手技を用いた治療を行ないます。整復法とは、骨折した箇所や脱臼した箇所を元に戻す操作技術のことを指します。固定法とは、骨折や脱臼した箇所を副え木によって幹部を固定する治療法を言います。後治療とは、物理療法、運動療法、手技療法等の治療法によって、損傷した組織を回復させる治療法を指します。柔道整復師の資格を取得すると、病院、接骨院、整骨院のスタッフ、スポーツトレーナー、ケアマネジャーなどさまざまな分野で活躍することができます。就職の間口の広さも、柔道整復師の資格を取得する魅力の一つであるといえるでしょう。

柔道整復師になるには、専門学校へ通って国家資格を取得するのが一般的です。柔道整復師の国家試験は、年1回実地され、その難易度は高いとされています。国家資格は、就職において非常に有利に働くことから、資格取得がブームとなっている現在の状況もあって、多くの人がその習得を目指して専門学校へ通っています。個人で医院を開業することができることも、資格取得が人気である要因の一つと考えられます。独立願望の強い人にとっては、とても魅力的な資格の一つに見えることでしょう。